灰羽連盟 二次創作 幸せの果実 第三話

11 06, 2010 | Posted in 灰羽連盟 | Thema 小説・文学 » 二次創作:小説

1 Comments
短編、のつもりでしたが前話を読んでおかないと、分からない部分も多いでしょう。
グリの街の象徴は? と訊かれたら、まず迷いなく時計台と答えられるでしょう。
アニメでは、そこまで深く描かれなかった灰羽一人一人の仕事を、もうすこし見てみたい、ゆえに思いついた話でもあります。
ちなみに、鐘の音には「Refrain Of Memory」の冒頭を思い浮かべて書きました。
グリの街の歌が、一人でも多くの方に聞こえますように、と祈りをこめて……

【前作】
幸せの果実 第零話
第一話「灰羽・名前・巣立ち」
第二話「罪の輪・セツカの仕事・礫」


【あらすじ】
グリの街は今日も歌う。
オールドホームの鐘は、灰羽の無事の巣立ちを願う祈りの鐘。
美しき音が紡ぐ、師弟の物語。



幸せの果実 第三話
~一人前・街の歌・最後の仕事~


【鐘の音】
 グリの街は、ある決まった時刻に歌う。中央広場より響くその音は、人々の心を震わせる。彼らは一様に、広場の塔を振り返り、しばしその美声に浸る。

       *

 時計台。グリの街の中心部に、まるで灯台のようにそびえる塔が、あたしの働き場だ。塔の中は作業場となっており、下にある時計店で商いをしている。
 親方は、頑固オヤジで、いつだってケチばかりをつける。
 でも、それがうれしいんだよな。
 影で心配されてるってことは、とっくの昔に気づいていた。だから、親方の小言には、うっとおしく感じるふりをしながらも、内心ではほくそ笑んでいた。
 あれは、クウが巣立つ前だったかな? あたしはオールドホームにある時計塔を復活させた。といっても、そのときは手動でしか鳴らせなかったし、なによりも問題なのが、鐘の音が止まらなかったってことだ。
 もちろん、春が来るまで何もしなかったわけじゃない。ちょくちょく改良を加えて、あとは……ここを、こうすれば……。
「おーい! できたぞー!!」
 あたしは、時計塔の窓から、大声で西棟に向かって叫んだ。
「あと十分で鳴る! 準備は良いかー!!」
「いつでも大丈夫よー!」
 大きく手を振ると、ゲストルームの露台の上から、ヒカリが答えた。
 段飛ばしで階段を駆け下り、踊るように西棟へと向かう。
 ゲストルームの食卓には、色とりどりの豪華な食事が並んでいた。隙間なく卓を囲んだ椅子には、オールドホームの灰羽たちが一同に会している。子供たち、それに寮母のおばあさんまでも集まってくれた。
 そして、スミカさんも。
「招いてくれてありがとう」
 彼女は、両手に抱いた子供をあやしながら、微笑んだ。一年近くたって、かなりの大きさに育った子は、スミカさんの腕の中、すやすやと眠っている。
「いやいや。今回の主役はスミカさんといっても過言じゃないですから」
 あたしは空いている席に収まる。あとどれくらい? というヒカリの問いに、懐中時計を取り出す。
 確認すると、皆をいちべつし、叫ぶように宣言する。
「みんな、準備はいいか? 秒読みするぞ」
 深く息を吸い込み、
「十!!」
 あたしにつづけて、皆も嬉々とした表情で数を減らしていく。
『九!! 八!! 七!! ……』
 届け。きっとこの音は道標となる。
 最後の、あたしたちの贈り物だ。
『三!! 二!! 一!!』
『ネム、巣立ちおめでとーーー!!!!』
 乾杯。色鮮やかなガラスの杯が、いくつも頭上にかかげられる。
 ガラァン ゴロォン
 オールドホームが歌う。灰羽たちのにぎやかな宴に、鐘の音が調和する。
 まるで空全体が、祝福の曲を奏でているかのようだ。天の向こうまで響き渡りそうな鐘の音は、ここに集まった皆の数だけ鳴り、そして眠るように止んだ。
 これが、今のあたしにできる精一杯。親方には遠く及ばないかもしれない。でも、その役割はきっと果たしてくれるはず。


【親方と弟子】
「もう、教えることは何もねえ」
「はぁ!?」
 オールドホームの鐘を治した次の日。時計塔に着くなり、いきなり親方が言った言葉に、あたしは我が耳を疑った。
 今まで頑固一徹のあの親方がだぜ!
 何かのいい間違いにしか思えないって。
「これからは、お前があいつらを指導してやれ」
「親方はどうするんだよ。まさか辞めるなんて言うんじゃないだろうな」
「…………」
「おい! なんだよ。言い返してくれよ! なあ、うそだろ? おめえはまだまだだな、っていつものように言ってくれよ!」
「話は終わりだ。仕事につけ」
 何かの夢だと思った。
 親方が仕事を辞める? なぜ?
 あたしはオールドホームの時計塔を治した。そのことを認めてくれたのはたしかに嬉しいさ。けど……。
 その日は、まったく仕事が手につかなかった。それでも、親方の小言は一切なかった。
 どこか、歯車が狂ってしまったかのようだった。
 カチ コチ
 何かの時が刻まれていく。それは、何の時なのだろうか。

       *

 あのバカ。いつまでもけんそんしやがって。
 オールドホームから聞こえた鐘の音。ありゃあ見事なもんだった。たとえ巣立った灰羽を送る音だったとしても、俺の心、いや街のみんなの心を震わせたのはまちがいねぇ。
 あんなものを聞かされちゃぁ、認めねぇわけにはいかねぇだろうが。
 そして、弟子に負けてるようじゃ親方失格ってもんだ。
 作業する手が震える。まるで自分の手じゃないかのようだった。
 くそっ! 動け。あとすこしなんだ。
 ほんのすこしの間だけでいい。俺に、時間をくれ。
 まだ……まだだ。
 よし! これで……。
 ふふ、あいつの驚く顔が目に浮かぶ。あまりのすばらしさに泣いてしまうかもな。
 力尽きるように倒れる。
 職場の連中の話では、たいそううるさいいびきだったようだ。


【グリの街は歌う】
 親方が仕事を辞めるわけがわかった。
 あたしが認められてから数日後、親方は医院の一室、寝台の上に横になっていた。彼は、なぜか満足げな笑みを浮かべ言った。
「はは、なにしけたつらしてやがんだ。心配すんな。まだ死んだりはしねぇよ。いや、ある意味じゃ、死んじまったのかもな」
「なんで笑ってられんだよ!」
 あたしの目から、自然と涙がこぼれていた。親方をおおう布団の上に、まだらの染みができる。
 親方は、手が動かなくなっていた。
 それは、職人としての死……。
 しかし、親方はそんなこと気にするでもなく、あけっぴろげな笑みを浮かべている。いままでで一番幸せそうな顔をしていた。
「これが笑わねぇでいられるか。俺は最後に自分の夢を叶えることができたんだ。この街を歌で包み込むっていうな」
「なに言ってんだよ。今までだって……」
 突然、医院の外から音が聞こえた。心地よい、空を流れるように響く鐘の音が。
 でも、いつもと様子が違う。
「これは……」
「これが俺の最後の仕事だ。おめえは俺が認めた時計屋だ。これを超えるもんを造ってみろ。
 俺がお前に与える、最後の仕事だ」
「はは、無茶言うなよ」
「いつものことだろうが」
 街は歌っていた。歌うような音ではない。鮮やかな旋律にのせて、色とりどりの音をつむぎだし、空を、街を、人々を包み込むように、グリの街の演奏はつづく。
「なあ、ここからでもオールドホームの鐘は聞こえるよな」
「ああ、そうだが」
「まだまだ巣立つことはできないってこと」
「ふっははは。そうだな。俺もくたばることはできないってことだ」
 街の歌が静まるまで、あたしたちは笑い転げた。
 今のあたしじゃ、親方には到底かなわない。
 だけど、時間はたっぷりとある。
 じっくりと完成させてやろうじゃないの。
 あたしの大仕事は、まだはじまったばかりだ。


スポンサーサイト

« ARIA The ORIGINATIONとアニメ全体の雑感 コメント返信 他 »

1 Comments
mizuiri
11 10, 2010
URL [ edit ]
1000Hit踏ませていただきました~。
そして1000Hitおめでとうございますっ!

カナ中心の小説ですね。カナは結構好きなので今回のは一層嬉しい物でした。グッジョブです!
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)







書店案内

樹

似非店員:樹
百合と眼鏡が好きな人です。
日本語、和風なものも大好物。
掲載しているものは、主に百合もの、ファンタジー小説となっております。
リンクはフリーです。

pixiv.gif hktatsukiをフォローしましょう
最新記事
御品書
来訪者
御贔屓様方
検索欄
看板
泡沫書店 GLS 駄文同盟.com にほんブログ村 小説ブログ 百合小説へ