思い出のマーニー 感想

08 16, 2014 | Posted in その他作品雑感 | Thema アニメ・コミック » アニメ

0 Comments
Fine On The Outside「思い出のマーニー」主題歌
Fine On The Outside「思い出のマーニー」主題歌


 ご無沙汰しております。

 もともと備忘録としての意味も兼ねていたはずが、すっかり更新を怠ってしまい、その役の一粒さえも果たせぬ状況でした。私事ではございますが、就職活動で流した落涙の数に免じで、ご承知願えればと思います。

 さて、久しぶりの更新は、とある映画についてです。宣伝からして、ある一定の層を狙っているとしか思えない、『思い出のマーニー』というジブリ作品です。ボツになったキャッチコピーが「ふたりだけの禁じられた遊び」と「ふたりだけのイケナイこと」であるなど、原作を映画した人がいかに百合眼鏡でアニメ化に踏み切ったかがわかります。(キービジュアル見る限り百合以外のなにものでもありません)

 もともと原作を読んだ身としましては、やはり映像がつくことによって、語り手のアンナとマーニーの関係がより綿密に描かれており、眼福の一言でした。美術監督に実写映画の人を起用するなど、さすがに映像は麗美で見応えは満点。音楽もサントラだけ持っている借りぐらしのアリエッティに並ぶ素晴らしいものでした。

 原作からして、アンナとマーニーの関係の秘密が明らかになる展開に涙を誘われたものです。映画においてもそのカタルシスは残されていたと思います。映画界に革命を起こす! ジブリといえばこの作品! などといえるようなインパクトはありません。故に興行収入などで苦労しているのかもしれませんね。もしジブリの看板がなければ。ジブリに宮﨑駿の幻影を見なければ、十分に名作たり得ると考えております。

 以下に辛口感想もあげておりますが、小説に関して言えば間違いなく名作です。モンゴメリの赤毛のアン、エンデのモモ、あるいはミステリの要素でいえばクリスティ顔負けの驚きが待っております。仮に、映画と小説で天秤が揺れているのならば、迷わず小説版を手に取ることをおすすめします。


 以下、辛口&ネタバレ感想なので、気に食わない感想に感情を露わにしない良識のある方のみ御覧ください。

続きを読む »

スポンサーサイト

カレイドスター 雑感

03 03, 2013 | Posted in その他作品雑感 | Thema アニメ・コミック » アニメ

0 Comments
 前期を見て、かなり間が空いてから2期を視聴してみました。アニメの内容があまりにもすばらしかったため、感想を書いてみました。以下、項目別に。

・勇気の種がたくさん
 この作品を見ていると、自分もやる気になってくる。しぼんでしまったパッションという炎が再び湧き上がってくるような気がするのです。
 本作は、そらが真のカレイドステージのスターを目指していくサクセスストーリーです。ですが、作中で、どうせ最後にはうまくいくんだろう、といった予定調和な感じは一切しませんでした。作中、主人公はじめ、彼女を取り巻く登場人物は、何度も困難に巻き込まれ、難題を突きつけられ、時には絶望します。そもそも、そらからして、生みの親を亡くしていたり、他の人物にも、相応の暗い過去があります。単なる生ぬるいサクセスストーリーではないのです。暗い過去、困難を乗り越える様。これこそが、このアニメの醍醐味であることは間違いないでしょう。

 見ていると、自分もカレイドスターというアニメの観客になっている。そらを応援し、自分も頑張りたいと思わせてくれる。そんな素敵な作品です。


・窪田ミナさんの音楽
 もし、この作品に窪田ミナさんの音楽がなければ、ここまでの感動は得られなかったのかもしれません。私がこのアニメを見て涙した場面には、常に彼女の音楽がありました。
 荒々しく燃え、演技を盛り立て、ときに儚い楽曲郡は見るものの涙を誘います。おそらく、サウンドトラックを聴いたら、音楽だけで泣いてしまうかもしれません。
 そうなのです、このアニメには、商業化されているサウンドトラックがありません。すべて、DVDの特典となっています。放送から、かなり時間がたっておりますので、簡単には手に入れることができません。それが、残念でならないのです。

 もし、後にブルーレイが発売されることになって、サントラもついていれば、どんなに高くても買ってしまうかと思います。続編も匂わせる終わり方でしたし、なによりもこれで終わってしまってはもったいない作品だと思っています。


・優しさに満ちた人々
 特に2期なんですが、なんなんだこいつらは! と叫んでしまいたくなる登場人物が登場します。しかし、彼らは悪役ではあっても、決して悪人ではありません。それぞれが暗い過去や想いを背負って、故に性格を曲げてしまう。そんな、人として当然のいきさつを持っているのです。決して、製作者の人形、ロボットではない。各々が、一人の人間として、活き活きと描かれている。それが、この作品の魅力のひとつに違いありません。
 思えば、これは佐藤純一作品の共通項かもしれませんね。『ARIA』や『たまゆら』でも、芯からの悪人が登場したのを見たことがありません。
 見たものすべてが、優しい気持ちになれる。そんな力を持った作品を、知らない人がいる。そのことが、もったいないなと思うくらいに、没頭してしまいました。



 やる気を失ったときや、自分の夢を見失った時、この作品を見ればきっとやる気がでる。そんな魔法のような作品。私の見てきた中で最も感動させられた作品かもしれません。
 それにしても吉田玲子さんの脚本って、本当に良いですよね。有名な『けいおん!』しかり、現在進行中のアニメ『ガールズ&パンツァー』、『たまこまーけっと』でも、彼女が担当しています。優しさにあふれた、そんな作品が私にとって憧れでもあるほどです。
 良い作品に出会った時にいつも思うのが、いつか忘れてしまわれるかもしれないという恐れです。過去にDVDが販売され、一部ではまだ買えるみたいなのですが、やはり垣根が高いですよね。ただ、北米版DVDで安価に手に入るので、そちらで購入するのも手かもしれません。アニメ本編だけでも、至高のものですので。


ビビッドレッド・オペレーション 2話までの雑感

01 23, 2013 | Posted in その他作品雑感 | Thema アニメ・コミック » アニメ

0 Comments
 今回は久しぶりにアニメの感想となります。他にも語りたい作品が多々あるので、いずれ語っていけたらな、と思います。アニメって、いい作品であればあるほど、展開であったり、見せ方であったりが、見ていてとてもよく分かるものです。作品を見ることは、どんな媒体であっても、作品を作る糧になるのかなと思って見ています。と、いきなり余談、失礼しました。

 紹介するのは現在放送中のアニメ『ビビッドレッド・オペレーション』という作品です。監督が『ストライクウィッチーズ』と同じであることからも、期待して見始めたものとなります。twitterで自分のタイムラインを見る限り、概ね好評のようですが(百合好きにはたまらない作品なので当然といえば当然)、私の感想には結構酷評が入っていますので、見る際はご了承ください。ネタバレも注意。

 なお、本作品は、ニコニコ動画で無料で視聴ができますので気になる方は、是非。酷評ありとはいえ、見ている私自身、かなり楽しめている作品でありますゆえ。


続きを読む »

たまゆら~hitotose~ 八話 雑感

11 23, 2011 | Posted in その他作品雑感 | Thema アニメ・コミック » たまゆら

0 Comments
 今週末は私用があるので、更新はお休みさせていただきます。また、現在連載中の作品も、完成度を高めるため、今しばらく時間を取って推敲したいので。

 さて、今回は『たまゆら~hitotose~』の感想を。最新話はこちらより視聴できます。もう感想書かねばならぬお話となったので、第8話のみを重点的に。


 みそのさん登場。みそのさん登場です。大事なことなので二回言いました。
 たまゆらは今傑作足りえました。ただひとつ重要な要素が今補完しました。って、なんで私こんなに興奮してるんだっ!
 いやぁ、ちもさんの先輩のみそのさん、いい味出してますねぇ。是非ともレギュラーになってほしいものです。あと数話しかありませんが……。

 『たまゆら』は志保美さんこそがいてこその作品です。この作品が最も伝えたいこと。それっていつも志保美さんから伝わってくるんですよ。OVAの2話のときもそうでした。
 自分の将来とか、大事なものを見失わなければ、どんな道を歩いたって大丈夫。そんな勇気さえもらえる素晴らしいお話でした。
 箸休めのお話が続いていたころは、ちょっと大丈夫かなと不安を覚えていたのですが、杞憂でしたね。決してみそのさんが登場したから評価してるってわけじゃありませんよ。

 変わるもの、変わらないもの、なんであれ自分の心の拠り所とでもいいましょうか、それに気づけたら、今が少しでも楽しくなるのだと思います。
 行き先のない切符。その意味が示された話でもありましたね。夢が終着駅ではない。自分で決めて路線を変更して、走っていく。そこに決まった行き先はなくてもいい。
 芯のある作品って、どうしてこう心に響くものがあるのでしょうか。


 以下ひとりごと。
 みそのさん主人公で一作書いてみたいなぁ。



癒し系てちゅがく漫画 『すみっこの空さん』

11 05, 2011 | Posted in その他作品雑感 | Thema アニメ・コミック » 漫画

0 Comments

すみっこの空さん(1) (ブレイドコミックス)すみっこの空さん(1) (ブレイドコミックス)
(2011/09/10)
たなかのか

商品詳細を見る


 絵本作家の夢を諦めた青年と、隣人の商学一年生、空さんとのなんてことない日々を描いた、哲学系漫画。
 哲学に興味がなくても、気軽に手にとってみてよいかと思われます。描いていることは、『ARIA』と通じるところがあるでしょか。癒し系、そして大切なことを気づかせてくれる魅力たっぷりの良作です。
 もっとも惹かれたのは、思考は光よりも早いというくだりです。なるほど、人は考える葦。また考えることによって自らが存在する。パスカルやデカルトがいったように、人は考える生き物。そして、考えること、それがそのまんま哲学なわけです。一般に学問としての哲学は、世の中の真理を明らかにするといった側面を持つ、いわば狭義の哲学。ならば、常にしている思考は、広義の哲学ではないでしょうか。考えることが人たるゆえん。考えなくてはもったいない。そんな思考欲が読了後にあふれてくるのです。
 
 「タビの道づれ』が好きなら、間違いなくおすすめ。かの作品も、哲学的な要素がかなりありましたね。あれは、星というひとつの主題を扱ったもの。対して『すみっこの空さん』は、哲学をそのまんま漫画にしたもの。
 いうなれば、『よつばと』や、『ばらかもん』の幼女キャラを殺人的に可愛くし、哲学という主題を見事に織り交ぜ、それが上手くはまった作品です。

 亀のプラトンさん、ソクラテス顔負けの空さんが、どこか悩みを抱えた神さま(ニートの青年)や、女子高生の夕たちとともに、友達や人生についてさまざまな問いかけと、解決をしてくれます。彼らと一緒に、私たちも自然と哲学を学んでしまっているわけです。
 こういう漫画がもっと増えて欲しい。そう思える素敵な物語集。疲れた日々の清涼剤に、600円は安いものです。



Next Page »







書店案内

樹

似非店員:樹
百合と眼鏡が好きな人です。
日本語、和風なものも大好物。
掲載しているものは、主に百合もの、ファンタジー小説となっております。
リンクはフリーです。

pixiv.gif hktatsukiをフォローしましょう
最新記事
御品書
来訪者
御贔屓様方
検索欄
看板
泡沫書店 GLS 駄文同盟.com にほんブログ村 小説ブログ 百合小説へ