スポンサーサイト

-- --, -- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

i≒0のキス

12 31, 2013 | Posted in 短編 | Thema 小説・文学 » オリジナル小説

0 Comments
 今年もついに大晦日となりました。早いですね。皆様はいかがお過ごしでしょうか。
 例年通り、コミケにはいけず、地方格に舌を噛みながら、コツコツと書いていました。
 こちら、pixivのとある企画に参加するために書き下ろした作品となります。

 大晦日になんてもん書いてるんだ! と総ツッコミいただきそうな内容ですがご了承ください。
 字数は、大体1万6千字ほど。そろそろ短いのをはさみたいところですが、よろしければお読みいただけたらと思います。

【あらすじ】
いじめられっ子の夢子は、唯一の友達である雪之に守られてばかり。
強くなりたいという願いから、魔女の誘いを受けて魔法を使えるようになる。
それはどんな願いも命令も、受け入れてしまう魔法。
夢子は偽りの友達を作り、幸せな日々を謳歌するが……


続きを読む »

スポンサーサイト

遥か海へ

12 03, 2013 | Posted in 短編 | Thema 小説・文学 » オリジナル小説

0 Comments
 サークルの大会やらなんやらで時間が取れず、かなり久しぶりの投稿となります。

 今作は、がとーしょこらさんの主催する百合物語2013という企画に参加するために書いた一作となります。
 内容は見てもらえばわかりますが、いつもどおりです。はじめは尾道を舞台にしたアイドルもの……とか思っていたのですが、いつのまにかファンタジー方面に急カーブしてしまいました。
 文量は大体12000字ほどとなっております。これくらいの文量がデフォルトになってきましたね。よろしければご覧いただければと思います。

 ではでは、以下あらすじと本文です。


【あらすじ】
海が汚染され、岩山の奥にしか住むことのできなくなった時代。
死にゆく街の住人の遥は父が残した飛行機で、街を出ることを決める。
親友の夏海を道づれにして……


続きを読む »

美景郷愁

07 28, 2013 | Posted in 短編 | Thema 小説・文学 » オリジナル小説

0 Comments
 お久しぶりです。初めての著作物が論文になりそうな樹です。あれっ、そういえば論文って著作権移譲してるんだっけ……。

 さて、今作は企画用としてとある作品を書いてたら、思っていたより時間がかかり、結局お蔵入りして、じゃあ軽く数千字で書こうかと思ったら、1万字を越えるという、ボリュームのマネジメント力不足を露呈する作品となってしまった毎度おなじみの迷作となっております。ちなみに、第二回目の企画として、作品募集していますので、興味がありましたら、是非ご一読いただけたらと思います。

 かなり前に、書いた作品を色々とごちゃまぜにした、ショートショートの集まりのようになっています。ただ、内容としてはつながっています。


【あらすじ】
かつて、一緒に旅をしようと、町を飛び出た友は病に倒れた。ハンナはエイミーの思いを胸に旅を続ける。旅の先で、ハンナは虹色の流れ星を見る。落ちた先で出会った、灰色の羽を持つ少女サラとの旅で、二人は惹かれ合うのだが……

続きを読む »

占い絵師 -片翅-

03 14, 2013 | Posted in 短編 | Thema 小説・文学 » オリジナル小説

0 Comments
 タイトルはかたはねと読みます。某PCゲームと、某サーカスアニメに大いに影響を受けています。pixivの『創作SSライトノベル杯』という企画用の作品となります。pixivでの後悔ページはこちら。5000字という縛りに苦しめられた末、無理やりまとめました。
 

【あらすじ】
 ストリートサーカス『天翅の竪琴』のリーダーアリスは、不調に悩む中、占い師である絵師を紹介される。天使と悪魔の絵を自らの公演に反映させ、パートナーのカティアとともに、最後のチャンスである舞台へと臨む。


続きを読む »

砂時計の塔

01 24, 2013 | Posted in 短編 | Thema 小説・文学 » 小説

2 Comments
 たまたま、pixivの小説投稿作品を見ていたら、BOX会話劇なるタグを発見しまして、投稿してみました。企画ページはこちら。投稿作品は、こちらとなります。投稿ページ自体、無料閲覧可能サイトですので、こちらでも載せたいと思います。お好きな方でお読みください。
 会話劇って、なんだろうと思い迷いに迷った作品となります。とりあえず、会話増やしとけば、それっぽくなるかなという、安直甚だしい考えの元生まれたものでも……
 字数はおよそ、4000字、はじめは百合にするつもりはなかったのですが、女の子二人主人公にした時点で無理でした。

【あらすじ】
 二〇一X年、レイカとアカリは時の止まった塔に閉じ込められる。毎日決まった時間に、塔のてっぺんに灯りをともす日々。そして、時は過ぎてゆき……



続きを読む »

Next Page »







書店案内

樹

似非店員:樹
百合と眼鏡が好きな人です。
日本語、和風なものも大好物。
掲載しているものは、主に百合もの、ファンタジー小説となっております。
リンクはフリーです。

pixiv.gif hktatsukiをフォローしましょう
最新記事
御品書
来訪者
御贔屓様方
検索欄
看板
泡沫書店 GLS 駄文同盟.com にほんブログ村 小説ブログ 百合小説へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。